源氏 物語 車 争 ひ 現代 語 訳。 紫式部 與謝野晶子訳 源氏物語 梅が枝

現代 語 物語 ひ 車 訳 源氏 争 現代 語 物語 ひ 車 訳 源氏 争

👈 大殿(おほとの)には、 かやうの御歩きも をさをさ し たまは ぬに、 かやう=ナリ活用の形容動詞の「かやうなり」の語幹。

10
うとましうなりぬ・・・御息所がいやになってしまった。
現代 語 物語 ひ 車 訳 源氏 争 現代 語 物語 ひ 車 訳 源氏 争

👋 」と、お慰めになると、(生霊が)「いいえ、違いますよ。 一昨夜は人が多くいて、恋人を見ることのできなかったことから、恋しくなって夕方から出かけて来たものであるらしい。

1
(みんな)うれしいとお思いになることこの上もないが、よりましに追い立ててお移しになっているおん物の怪どもが、(出産を)くやしがってさわぐ様子はたいそうやかましくて、後産のことがまたひどく気がかりである。 各帖より1ないし3場面を選んで絵画化し、その絵に対応する物語本文を書写した「詞書」を各図の前に添え、「詞書」と「絵」を交互に繰り返す形式である。
現代 語 物語 ひ 車 訳 源氏 争 現代 語 物語 ひ 車 訳 源氏 争

☘ 例の 伯父 ( おじ )の右大将、式部 大輔 ( だゆう )、左中弁などだけを招いて、家庭教師の大内記に命じて史記の中の解釈のむずかしいところの、寮試の問題に出されそうな所々を若君に読ますのであったが、若君は非常に 明瞭 ( めいりょう )に難解なところを幾通りにも読んで意味を説明することができた。 近時、了悟「」に見える摂関家伝来の源氏物語本文の記事と、「柏木」巻の詞書の本文特性がの、に近接するという調査結果とを勘案して、この詞書本文を「摂関家伝領本」群本文と措定し、この本文系譜の祖本に「」に見える紫式部の「源氏の物語」草稿本を想定する論も提出された。

16
この二種の物は宮から源氏へ御寄贈になった。 取り残された見苦しさも恥ずかしくて、悲しみに胸をふさがらせながら、若君は自身の居間へはいって、そこで寝つこうとしていた。
現代 語 物語 ひ 車 訳 源氏 争 現代 語 物語 ひ 車 訳 源氏 争

⚡ はかないものと思われます。

5
(御息所は)長い年月、すべてにつけて物思いの限りを尽くして過ごしてきたが、これほどまで心をくだかなかったのに、ちょっとした事件(=御禊の日の車争い)の折りに、あの人(=葵の上)が(自分を)見下げて、物の数でもない者として扱う様子だった、あの御禊の日ののちは、車争いの一件で思いのぼせてしまった心が、しずまりそうもなくお思いになるせいであろうか、ちょっとお眠りになる夢には、あの姫君(=葵の上)と思われる人がたいそうきれいにしている所に行って、あれこれと引っかきまわし、正気の時とは違って、猛々しく激しい向こう見ずの心が出てきて、(葵の上を)たたきつけるなど(の場合を)ご覧になることがたび重なった。
現代 語 物語 ひ 車 訳 源氏 争 現代 語 物語 ひ 車 訳 源氏 争

🤣 大将殿には、下り給はむことを、「もて離れてあるまじきこと」なども、妨げ聞こえ給はず、 「数ならぬ身を、見ま憂く思し捨てむもことわりなれど、今はなほ、いふかひなきにても、御覧じ果てむや、浅からぬにはあらむ」 と、聞こえかかづらひ給へば、定めかね給へる御心もや慰むと、立ち出で給へりし御禊河の荒かりし瀬に、いとど、よろづいと憂く思し入れたり。

候(さぶら)ふ人びとも さうざうしげな めり。
現代 語 物語 ひ 車 訳 源氏 争 現代 語 物語 ひ 車 訳 源氏 争

😜 「太政大臣も音楽などという芸術がお好きで、政治のほうのことからお 脱 ( ぬ )けになったのですよ。 宿題はまじめにやらなければいけないけれど、受験生とかは受験勉強もあるので、あまりムダな時間を宿題ばかりに費やしてもいられないですからね。 はっきりと(名を)おっしゃいなさい。

20
大将が杯をさすともう深く酔いながら 畏 ( かしこ )まっている顔つきは気の毒なように 痩 ( や )せていた。
現代 語 物語 ひ 車 訳 源氏 争 現代 語 物語 ひ 車 訳 源氏 争

🙄 お供の人々も(葵の上の車の前は)敬意を払いつつで通るので、(六条の御息所は自身が葵の上に)圧倒されているありさまを、この上なく(みじめに)思いなさる。 ゆるべたまへや・・・ゆるめて下さいよ。 などいろいろしてさしあげる。

16
御母后も内親王でいられたあとへ、またも王氏の 后 ( きさき )の立つことは一方に偏したことであると批難を加える者もあった。 ましてCの場合はなおさら(B)だ。