インデックス 登録 され まし た が サイト マップ に 送信 し てい ませ ん。 新サーチコンソールでURL検査からインデックス登録をリクエストの送信が出来ない(解決済み)

まし 送信 インデックス た マップ され に ん 登録 し が サイト てい ませ まし 送信 インデックス た マップ され に ん 登録 し が サイト てい ませ

♥ その結果、でいくら検索しても、一部の記事は検索結果に登場しない状態である。

1
自分が「インデックス登録されましたが、サイトマップに送信していません」という状態になっているかどうかの確認方法は、 Googleアカウントにログインした状態で GoogleさんのSearch Console公式ヘルプの、こちらのページの 一番上にある 「インデックス カバレッジ レポートを開く」という 青いボタンを押して、プロパティを検索から自分のサイトを選択。 人によって正解だとするが異なり、調べていて少々混乱しました。
まし 送信 インデックス た マップ され に ん 登録 し が サイト てい ませ まし 送信 インデックス た マップ され に ん 登録 し が サイト てい ませ

🤔 サイトマップXMLとは サイトマップXMLとは、ウェブサイト運営者が検索エンジンに、サイト内でクロールすべきURLを教えるための方式を規定するものです。 ソフト 404• 正しいはどれなの? のについて調べてみると、のは、どうやら複数存在するようです。 この場合は、そのURLをsitemap. 市販の書籍で 体系立てて、 知識を習得するもの、良いですね。

7
ウェブマスターヘルプフォーラムに答えが載ってました ということで、いくつか調べてみるとヘルプフォーラムでこんな答えが。
まし 送信 インデックス た マップ され に ん 登録 し が サイト てい ませ まし 送信 インデックス た マップ され に ん 登録 し が サイト てい ませ

🖖 xml 調べるとこの2つあって、どっちがどっちとか色々書かれていますが、きっとこの記事を読んでいらっしゃる方は、もうどちらも試していると思います。 あとはサイトマップをダウンロードすれば、サイトマップ作成完了です。

たとえばプライバシーポリシーや利用規約などのページは、必要なので作成してあるものの、独自性や重要度が低くGoogleのクロールを希望しないためサイトマップに登録していないケースが多いでしょう。 サイトマップ作成後に生成されたURLを入力して検査を行います。
まし 送信 インデックス た マップ され に ん 登録 し が サイト てい ませ まし 送信 インデックス た マップ され に ん 登録 し が サイト てい ませ

❤ ただこの画面の右上にある 最終更新日が9月22日となっているので、もしかしたらの送信がの方にはまだ反映されていなくて、このようなメッセージがでてしまっているのかも?? と思ったりしています。

4
URL検査の画面から 公開URLをテストというボタンを押して進んだ先のライブテスト画面で 「URL は Google に登録できますが、問題があります」と表示され、 下の方にスクロールすると たいていは、 「このページはモバイルフレンドリーではありません」 AMPを有効にしている場合は 「有効なAMPページではありません。
まし 送信 インデックス た マップ され に ん 登録 し が サイト てい ませ まし 送信 インデックス た マップ され に ん 登録 し が サイト てい ませ

😍 xml」は 投稿ページ。

11
サイトマップは重要でないと書きましたが、 サイトマップの重要性が上がる?可能性もあるので、サイトマップも理解しておきましょう。 下記にて詳しく説明いたします。
まし 送信 インデックス た マップ され に ん 登録 し が サイト てい ませ まし 送信 インデックス た マップ され に ん 登録 し が サイト てい ませ

😩 わからん。 「やらなきゃいけないな~」と思いつつも、なんだか面倒で、ずっと放置していました。

18
「feed、sitemap. なかなか読み込まれないので、一旦、を削除して新たに登録してみようと思いましたが、削除の仕方が最初分かりませんでした。 それに なぜか旧Search Consoleの時にFetch as Googleから送信したURLを新Search ConsoleでURL検査すると「インデックス登録されましたが、サイトマップに送信していません」と出て、 新Google Search ConsoleのURL検査からURLを送信すると後日「送信して登録されました」となっていることも多いので 今は新から送信したほうが良いように感じます。
まし 送信 インデックス た マップ され に ん 登録 し が サイト てい ませ まし 送信 インデックス た マップ され に ん 登録 し が サイト てい ませ

😁 又、URL検査の「URLはGoogleに登録されています」というページすら見れない、何もした覚えがないのにURL検査が出来ない状態になったという場合については下記にある目次の一番下、「何度もインデックス登録のリクエストをしたわけではないのにURL検査が出来ない時は」という項目に書きました。 想定外のURLが検出されている 存在していると思っていないページに何かしらの原因でクローラーがアクセスし、URLが検出されたことでインデックス登録されるケースがあります。

14
実際僕も、記事を公開してからサーチコンソールにリクエストしなくても、url検査してみると「登録されています」と表示されます。
まし 送信 インデックス た マップ され に ん 登録 し が サイト てい ませ まし 送信 インデックス た マップ され に ん 登録 し が サイト てい ませ

🤪 これでサーチコンソールの「サイトの設定」から「wwwあり」か「wwwなし」かを選択できるようになっているはずです。 xml」等のサイトマップのファイル名を入力して送信すれば完了です(ほとんどの場合は、sitemap. 登録してみた結果は、以下の画面のようになっています。 でも、思うように反応してくれなかったり、エラーが出たりもしますよね。

15
これを元に各ページのインデックス数やエラーをチェックし、クローラビリティを最適化すると同時にページが表示されていないといった状態を回避することもできるため、そこまでシビアにエラーを「0」にする必要もありませんが…サイトの保全を管理するべき重要な要素となるため、定期的にチェックしてみると良いでしょう。 Search Console に登録しなくても Google 検索結果にサイトが表示されるようにすることはできますが、Search Console に登録することで、Google のサイトに対する認識を理解し、改善できるようになります。