徒労 意味。 「徒労」の意味・類語・対義語【使い方や例文】

意味 徒労 意味 徒労

🤛 「骨」という言葉がよく含まれますが、ここでは苦労することを指しています。 We ended with absolute nothing regardless of so much effort have been made to new project. 「帰す」には「物事を元の状態に戻す」という意味があります。

8
思い切って告白をしたが「焼け石に水」だった 無駄な努力「賽の河原の石積み」 「賽の河原の石積み」は「親に先立たれた子供が供養のために石を拾い、三途の川の河原で塔を作ろうするが鬼がやってきて積み上げられた塔を壊してしまう」という切ない話が由来となっています。
意味 徒労 意味 徒労

💋 ただし、相手に来ていただくのが通例の場面、例えば自分が営業を受ける立場の場合でも、「ご足労」は使うべきでしょう。 何か目的を達成するために必死で頑張っていても、その頑張りが報われないことがありますが、無駄な労力を使うことから 「努力が報われないさま」という意味もあります。 シーシュポスの末路を恥じたメロペーは、夜空に輝く星の姉妹から離れ自らの姿を隠した。

与えられたお告げは、「おまえのと交わって子供をもうければ、その子供たちが恨みを晴らしてくれるだろう」というものだった。 スポンサーリンク 徒労の意味 徒労は 「無駄な骨折り」や 「無益な苦労」という意味の言葉です。
意味 徒労 意味 徒労

😉 ヒュギーヌス、239話。 ほかにも、井戸水を永遠にくみ続ける無駄なさまの隠喩として「water haul」もあります。 2.「徒労」「徒労館」の使い方・例文・短文 「徒労」は、動詞形として使用する際 「徒労する」といった使い方はしません。

したがって、「疲労」は「徒労」の類義語とは言えません。 『ギリシア神話』訳、(1953年)• つまり、「状態が元に戻る」ということを表します。
意味 徒労 意味 徒労

😘 (出典:大辞林 第三版) ・ 無駄(むだ) 意味:しただけの効果や効用のないこと。 「徒労」の意味とは? まずはじめに「徒労」の正しい意味を紹介します。 「徒労感に襲われる」という言い回しもよく目にします。

9
アウトリュコスは知らとぼけて証人たちと口論を始める。
意味 徒労 意味 徒労

🤘 「徒労」を使った例文• 徒労を意味する「シーシュポスの岩」で知られる。 それ自体が正しい敬語として普及している「御足労」ですので、使い方を間違えるケースはあまりなさそうですが、まずは改めて、ご足労の意味とビジネスシーンの中でも使っていいシチュエーションをしっかりとおさえておきましょう。

19
ですので「ご足労」とは、こちらが足を運ばなければいけないところを、わざわざお越しいただいたことに、感謝の気持ちを表した言葉なのです。 今では「無駄な努力」を表すたとえとして使われるようになりました。
意味 徒労 意味 徒労

🤛 まとめ 往返徒労(おうへんとろう)の意味は「無駄足を踏むこと、無駄に往復すること」です。 ある夜、例によってアウトリュコスが盗みを働いた。

13
fruitless effort 無駄な努力• 無意義。 読み方 徒労 とろう 意味 無駄な努力。
意味 徒労 意味 徒労

⚛ 往返徒労の訪問にがっかりした。 のひとりを妻とし、 、、、をもうけた。 get nowhere 成功しない、効果が無い• たとえそのときばかりは「徒労に終わった」と嘆いても、いつかその経験がムダではなかったと思える日が来ることを信じたいものですね。

岩を持ち上げるシーシュポスを描いた(一部)。 企業離れが進み新入社員への教育も徒労に帰すパターンが多い• 「ご足労」を使う際は、以下の注意点はしっかりと意識してください。
意味 徒労 意味 徒労

✆ 「徒労」は、どんなに苦労をしても、結果的に何も価値が生まれないという、ネガティブな意味で用いられる言葉なのです。 「疲労」がネガティブな意味もポジティブな意味も兼ね合わせるのに対し、「徒労」はネガティブな意味のみを持ちます。

3
また、自分が明らかに立場、役職が上の場合でも、「ご足労いただき」と冒頭で謝辞を述べることで、印象がよくなりますね。 ビジネスシーンでも、打ち合わせで会社にやってきた取引先の人などを労うときなどに、口をついて出る「ご足労」「ご足労いただき」「ご足労いただく」といった言葉。
意味 徒労 意味 徒労

👣 【行為に価値がない】「不毛」「非実用的」など 「行為そのものに価値がなく、最終的には意味がない」という意義では、「不毛」「非実用的」「誰得」「無価値」「意味なし」「ただ働き」などがあります。

14
「徒労」の英語と解釈• きちんと使い分けて用いるためにも、異なる点をしっかり理解しましょう。 とても悲しいことですが、努力をしていた時間を無題にするかは自分次第です。