仏 の 顔 も 三 度 まで。 仏の顔も三度までの意味・使い方|ことわざ|趣味時間

も 顔 仏 まで 度 の 三 も 顔 仏 まで 度 の 三

💢 それではたいへんお待たせしました! このことわざの意味を紹介しますね。 ただ、この由来のエピソードだと、「仏の顔も三度まで」と同じように三度まではOKで、四度目がアウトです。 われは釈迦族より出でたれば ことごとくわが枝葉に比すべし これことさらにこの樹下に坐するがゆえんなり」と釈迦が答えました。

どんなに穏やかな人でも、面と向かって顔をなでるような失礼なことを三度も繰り返されては怒りだす。
も 顔 仏 まで 度 の 三 も 顔 仏 まで 度 の 三

🐲 なぜ、三度まで? このことわざを聞くと、「なぜ、三度まで」なのか気になる方も多いのではないでしょうか? 実は、「仏の顔も三度まで」は、「仏の顔も三度撫ずれば腹立つ」の略だと言われています。 しかし釈迦国の王や家臣は、王族の娘を嫁がせる事を快く思わず、身分の低い娘を偽ってコーサラ国に嫁がせたのです。

12
仏さまは釈迦国という小さな国の王子として誕生しました。
も 顔 仏 まで 度 の 三 も 顔 仏 まで 度 の 三

☺ 誰もが一度は耳にしたことのあるであろうこの言葉。 釈迦国の隣にはコーサラ国という大きな国があり、釈迦国に王妃にするための身分の高い女性を要求しました。 つまり、「仏の顔も三度」であって「仏の顔も三度まで」ではないんです。

私が考えるに二つの原因が考えられます。
も 顔 仏 まで 度 の 三 も 顔 仏 まで 度 の 三

💙 正しくは「仏の顔も三度」です。

ひとつ目は、「仏の顔も三度」と言う言葉を、意味を知らずに解釈すると、三度は許してくれると考えても不思議ではありません。
も 顔 仏 まで 度 の 三 も 顔 仏 まで 度 の 三

😭 勘違いされやすいですが、三度までの数は回数の例えにすぎません。

8
「地蔵の顔も三度」と「仏の顔も日に三度」に関しては、ちょっと変化しただけですね。 怒りに震えるコーサラ国王子は王となると釈迦国に攻め込みます。
も 顔 仏 まで 度 の 三 も 顔 仏 まで 度 の 三

☺ (そこまでなら行ける)」など英語のことわざで表現できます。 コーサラ国の王が釈迦族の女性を嫁に欲しいと所望し、自尊心が高く苦慮した釈迦族国王は使えている身分の低い女性の中から美しい女を選び、王族だと偽って着飾らして嫁がせました。 でも、なんで三度という回数があるんでしょうか。

13
実は、「仏の顔も三度まで」ということわざは、 本来は「仏の顔も三度」というのが正式な表現です。 「仏の顔も三度撫ずれば腹立つ」は上記で紹介した、お釈迦様の悲しいエピソードから転じたものです。